新入社員研修で学ぶことには服務規程が話される場合があります

新入社員研修で学ぶことには服務規程が話される場合があります

身だしなみや服装のエチケット

会社の服装や身だしなみについて学びますが、これは一般的な知識の話ではありません。会社では頭の先から、つま先までエチケットとして守らなければならない服務規程の説明になります。例えば、男性であれば頭髪で髪の長さやもみあげの長さも決めている会社もあります。女性ではショートカット、リボンの色や、化粧・イヤリングなども決めています。会社の規程になるため、違反すると懲罰の対象になることもありますから「聞いていません」では済まされません。

遅刻や風邪で休みたい場合

新入社員研修の講義内容に、総務部などから現役の部長クラスが講師として講義をすることがあります。これは一般的な社員心得的に話ではなく、守ってもらわなければならない規則の説明になります。例えば、エレベーターのある会社ではエレベーターを使わないで階段を使うこと、病気でどうしても休みを取りたいときには、本人から上司に直接連絡をして許可を得ることなどがあります。近年は、休みたいときに親から電話をしてもらう人が多く、緊急の話を直接できないで困るのです。

通常行われる命令と報告に関して

業務が始まると新入社員は、雑用を含めて先輩たちからも指示や命令口調で仕事が回されてきます。会社における「命令と報告」は現実的な問題として即始まります。従って、この講義はしっかりと聞いておかなければなりません。周りに振り回されると、本来の仕事ができなくなります。命令をする人はただ一人、それは直属の上司だけです。そのためには、配属が決まれば誰が上司なのかをいち早く知り名前を覚えることです。そうして、報告はこの人にだけ行えばよいのです。

社員研修は社員のスキルアップに欠かせませんが、専門業者へ委託することで、人手が足りない企業でも質の高い研修が可能になります。