今こそ正しく理解を!風評被害対策の方法について

今こそ正しく理解を!風評被害対策の方法について

インターネットでの被害は防ぐことが難しい

インターネットが発達し、SNSを利用する人が爆発的に増えました。このため、企業や団体がそう言ったものを活用して広報活動を行うことも珍しくなくなっています。ところが、使い勝手がよく遡及力が高いというメリットの裏側には、誤った情報を流してしまう、あるいは流されてしまうと、瞬く間に情報が伝播してしまうというデメリットもあります。一度、走り出した情報は一人歩きをしやすく、全てを削除することはほぼ不可能に近いというのが実情なのです。

どうやって被害を抑える?

もしも風評被害が発生してしまった場合は、ケースに分けて対応方法を検討しましょう。全くの誤解や、悪意を持った人間の流したデマの場合、公式的なサイトやSNSのアカウントを用いて、つとめて冷静に訂正情報を公開します。「何がどう誤解であるか」を解説できるのであれば、それも明記する方が善意のユーザーは安心することでしょう。また、「勝手にデマを流すな」と怒りを露わにせず「ご愛顧ください」「何かあればご指摘ください」という丁寧な姿勢の方が、より早くデマであったという情報が伝わりますのでおすすめです。仮に何らかの過失があった場合も同様に情報公開をすることが大切ですが、問題の経緯やその対処法についてもできる限り公開しましょう。内々に済ませましたという説明では、ユーザーが納得しない可能性がありますし、「一体何を理解してその対処をしたのか?」というクレームや、「何も分かっていない」という新たな風評被害を生み出すかもしれません。

むしろチャンスと考える心意気を

恐ろしい風評被害ではありますが、現在においてはどのような立場でも、降って沸いたような風評被害にあってしまう可能性があります。必要なのことは、そういった被害を食い止めるための正しい知識と迅速な対応です。また、風評被害への対応が適切だった場合、むしろユーザーは「この企業は利用者のことをしっかり考えているんだ」「適切な対応をしてくれるんだ」という安心感を与えることになり、イメージアップの効果が期待できます。実際に問題に直面すると大変に辛く苦しい状況にさいなまれますが、できる限り冷静かつ前向きに対応していく姿勢を持ちましょう。

誹謗中傷対策を行う事に関しては、特に色々な面でネット上の書き込みを管理しながら、削除したりする事となります。