ホームページ作成におけるリンク文字の扱い方!これは押さえておこう!その内容とは?

ホームページ作成におけるリンク文字の扱い方!これは押さえておこう!その内容とは?

普段から見慣れている場所

多くのホームページでは、共通する場所にリンク文字を扱っている事がありますよね。代表的な配置場所と言うのは、サイドバーなどに設けられる項目や外部サイトを紹介するリンク集などが挙げられます。この場所と言うのは、リンク文字であると認識が高いため、リンク文字を設ける場合はこの様な位置に設けると効果的ですよ。項目と本文の違いには、項目の方が文字数が少ない事が挙げられますよね。文字数が少ない文章と言うのは、リンク文字であると判断してもらえる可能性が高いですよ。リンク文字に対して、様々な説明書きを行う事もありますが、この様な場合は、逆にリンク文字では無いと判断される可能性があるため注意が必要と言えるでしょう。

リンク文字は青以外も効果的な時代へ

現在にいたっても多く見かけますが、従来のホームページでは青のリンク文字を扱う事が現在よりも多くありましたよ。検索エンジンの結果に現れるタイトルは青で表現されているため、ホームページ内でも青のリンク文字を扱う事によって、その文字がリンク文字だと伝え易かった理由もあります。検索エンジンの結果に対するタイトル色が青として選ばれた理由は、どの様な色が最もクリックされるか調査をした結果ですよ。ただし、近年は、青色のリンク文字ばかり扱ったホームページと言うのは、古い形のホームページだと認識される可能性が高くあり、新鮮さを伝える効果を損ねてしまう可能性が高くあります。必ず青ではなければならないとは限らないため、違う色も視野に入れながらデザインをして行く事もポイントと言えるでしょう。

本文の下にもリンク文字

一般的なユーザーがホームページを見る場合、ある決まった行動を取る事がありますよ。その行動と言うのは、本文を探し、本文を読んだらブラウザの戻るボタンを押して前のページに戻る行動です。これは一種の道の様な姿であり、この道に外れている内容と言うのは意識されない可能性が高くあります。サイドバーに設けられている項目などにも目が止まらず、そまま素通りしてしまう事もよくありますよ。本文の下にリンク文字を設けて置く内容は、道路の道筋にお金を落としておく様な物であり、目に止めてもらい興味があればリンクと言うお金を拾ってくれる可能性がありますよね。デザインを考える場合は、ユーザーの視点に立って、どの様な行動パターンを取るのか考える事が大切と言えるでしょう。

ホームページ作成では、見やすさを重視しながら作成することで、より多くの人に閲覧してもらうことができます。